キヤノンEOS R10 驚異的な高性能AF、「ニコンZ50」「フジX-S20」と比較

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)

キヤノンEOS R10には、驚異的な高性能AFが搭載されている。

AF速度が速いので、テンポよくシャッターが切れるので、撮影自体が楽しくなる。

ボディ内手振れ補正が非搭載など不満点はあるものの、撮影の楽しみを重視するなら「EOS R10」を購入して後悔しないと思う。

画質は一応、合格点だが、一番の不満点は、キットレンズが沈胴式でコンデジみたいでカッコ悪い。

インナーズームだったらよかったと思う。

 

ニコン Z50との比較

カメラボディ単体では「キヤノンEOS R10」の方がAF性能が高い。

しかし、ニコンZ50のキットレンズ「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」と比較すると、キヤノンの「キットレンズ「RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM」はやや暗く、広角側の焦点距離が狭い。

キットレンズは「ニコン Z50」の方が優秀だと思う。

 

超広角レンズで比較

焦点距離は違うが超広角レンズで比較すると最終的な画質は、「ニコンZ50」の方が解像感がある。

EOS R10・RF-S10-18mm(換算16mm)

 

Z50・Z DX 12-18mm(換算18mm)

キヤノンEOS R10の方がAFが速いが、レンズはニコンの方がいい。

そのため、動かない物なら「ニコンZ50」の方が解像感が高い。

ただ、その差は拡大して分かる程度なので、AF速度を優先して「キヤノンEOS R10」を選択しても間違いではない。

また、動き物なら「キヤノンEOS R10」の方がいいので、総合的に考えると「キヤノンEOS R10」がいいかもしれない。

 

AF

キヤノンEOS R10の方がAFは圧倒的に優秀なので、歩留まりが高い。

 

EOS R10、ニコンZ50、富士X-S20

室内で自然光で撮影(すべて18mmで撮影)

 

EOS R10(RF-S18-45)

キッドレンズ「RF-S18-45」はF4.5-6.3。

EOS R10(RF-S10-18)

「RF-S10-18」はF4.5-6.3。

ニコン Z50(Z DX 12-18)

ニコン Z50は2019年11月発売のカメラだが、キットレンズはEOS R10よりも高性能だと思う。

Z50のAFは一般的には使えるレベルだと思う。

コスパを優先するなら、ニコンZ50のダブルレンズキット(約15万円)を購入した方がいい。

FUJI X-S20(XF10-24)

 

当ブログの推定では、キヤノンEOS R10には「2420万画素の表面照射型センサー」が搭載されており、日中に屋外で撮影する場合は綺麗に撮影できる。

しかし、キットレンズの「RF-S18-45」では日陰や逆光時の画質はよくない。

結局、レンズがよければ、画質もよくなると思う。

そういう意味で「RF-Sレンズ」が今後充実すれば、魅力が増すと思う。

 

超広角レンズ

超広角レンズ「RF-S10-18mm」が2023年12月8日に発売されたので、カメラ本体EOS R10と共に購入した。

EOS R10の重さは429g(バッテリー、カードを含む)、RF-S10-18mmの重さは150gで合計579gとなる。

これは、マイクロフォーサーズ並みの軽さだと思う。

しかし、マイクロフォーサーズはレンズも豊富でカメラボディも防塵防滴だったり、ボディ内手振れ補正も搭載している機種も多い。

キヤノンがその気になれば、マイクロフォーサーズにとってかわることもできるが、やはりレンズをマイクロフォーサーズ並みに揃えるには5年はかかると思う。

また、メカシャッターの音が大き過ぎるので、電子シャッターを使っているが、その切り替えをファンクションボタンに割り当てできない。

AFとMFの切り替えボタンに割り当てられるといいい。

また、瞳認識をボタンに割り当ても、被写体認識で「人物」を設定しないと機能しないような気がする。

いろいろと使い勝手が悪い点もある。

 

画質

画質は、日中の順光ならば問題ないが、日陰や暗所では裏面照射型センサーを搭載しているX-S20の方が画質がいいと思う。

 

EOS R10を購入した理由

  • キヤノンのフルサイズ上位機種と同等のAFを搭載
  • 超広角レンズ「RF-S10-18mm」が2023年12月8日に発売
  • ボディ(429g)+「RF-S10-18mm」(150g)=579gという軽さ

X-S20(495g)とXF10-25(385g)=880gをメインに使用しているが、旅の撮影では1日5km~10km歩くので重いと感じる。

そのため、超広角撮影できる軽量なシステムとして購入。

 

コメント

EOS R10のAFはニコンZ50を完全に凌駕する性能だが、キットレンズの性能が良くない。

そのため、キットレンズ以外のレンズを購入することになると思う。

しかし、RF-Sレンズは少ないので、高額なフルサイズ用の「RFレンズ」を購入することになると思う。

「RFレンズ」の値段はほとんど10万円以上なので、最終的にはR10ボディ本体とRFレンズ2本で合計30万円以上になるかもしれない。

一方、ニコンZ50はキットレンズが極めて優秀なので、ダブレンズキット15万円を購入するとある程度満足できる。

しかし、R10はアダプターを使用するとEFレンズが使用できる。

EFレンズの中古レンズは豊富にある。