富士フィルム 新型標準ズームレンズ「XF16-50mm F2.8-F4.8」の開発を2024年2月に発表「XF18-55mm」の後継レンズ

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)

富士フィルムは、新型標準ズームレンズ「XF16-50mm F2.8-4.8」の開発を2024年2月に発表した。

2024年2月に開催した「X Summit TOKYO 2024」で「携帯性」「汎用性」「高解像」の3つの特徴があると言及した。

当ブログの予想では、4,000万画素に対応する比較的小型なレンズと思われる。

新型レンズ「XF16-50mm F2.8-F4.8」は、2012年発売のXF18-55mmF2.8-4 R LM OISの後継レンズで、2024年末まで発売される可能性がある。

 

XF16-50mmF2.8-4.8 R LM WRの予想

機種名 XF16-50mm F2.8-4.8 R LM WR
焦点距離 16mm-50mm(換算24mm-75mm)
F値 F2.8(広角端)・F4.8(望遠端)
フィルター径 58mm
防塵防滴
インナーズーム
手振れ補正 ×(非搭載)
解像度 4,000万画素対応
絞りリング 搭載
重さ 350g(予想)

焦点距離は16mm-50mmで換算24mmスタートはいい。

現行のXF18-55mmの重さは310gだが、新レンズはやや大型化して350g程度ではないか?

また、4,000万画素対応に対応することから、かなり高性能なレンズで、価格は12万円~15万円になるのではないか?

 

 

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS