スポンサーリンク

キヤノンEOS R10の標準ズームレンズは「シグマ18-50mm F2.8 DC DN」か「RF15-30mm F4.5-6.3 IS STM」か?

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)

シグマは、ミラーレスカメラ用レンズ「SIGMA 18-50mm F2.8 DC DN | Contemporary」のキヤノンRFマウント用を2024年7月11日に発売した。

但し、レンズ内手振れ補正は非搭載で、重さは300g、価格は79,200円。

キヤノンEOS R10は、ボディ内手振れ補正が非搭載なので、レンズ内手振れ補正非搭載の「シグマ18-50mm F2.8 DC DN」は使いにくい。

しかも、換算焦点距離は「28.8mm-80mm」で、広角が弱い。

 

コメント

個人的には、キヤノンのフルサイズRFマウントレンズ「RF15-30mm F4.5-6.3 IS STM」をR10の標準レンズにする方がいいと思う。

まず、レンズに手振れ補正が搭載されていること、また換算焦点距離も「24mm-48mm」となり、標準ズームレンズとして適している。

価格も中古美品で7万円なので、フルサイズレンズとしては購入しやすい。

重さがレンズ(390g)とやや重いが、ボディ(429g)と合計で819gとなる。

個人的には、許容範囲の重さだと思う。

また、「RF15-30mm」のF値は「 F4.5-6.3」と暗いが、最近のミラーレスカメラの感度は上がっているので、普通の用途ならば十分使えると思う。

もちろん、夜景を撮影するならば、「SIGMA 18-50mm F2.8 DC DN」の方がいい。

 

RF15-30mm F4.5-6.3 IS STM