ソニー、α6700(APS-Cカメラ)2023年7月28日発売(2023年7月12日発表)ILCE-6700M

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)

ソニーは、APS-Cカメラ「α6700」を2023年7月12日に発表し、2023年7月28日から販売開始する。

価格はボディ単体で約20万円(ポイント無しの場合)。

α6600以来のα6000シリーズの最新機種で、フルサイズカメラのαシリーズのみで採用されていた新画像処理エンジン「BIONZ XR」をAPS-C機として初めて搭載する。

 

 

主なスペック

商品名         :α6700(ILCE-6700M)

画素数         :静止画2600万画素(動画時: 最大約1990万画素)APS-Cサイズ

センサー      :裏面照射型CMOS「Exmor R」(α6600は2,420万画素の表面照射型)

画像エンジン:「BIONZ XR」(α6600はBIONZ X)

動画            :6Kオーバーサンプリングによる4K 60p/120p

手振れ補正   :5段

被写体認識   :人間、動物、鳥、昆虫、車・列車、飛行機

静止画撮影時のAF測距点:759点(メージセンサーの撮像領域93%)・動画時: 最大495点

連続撮影枚数:約11コマ/秒

重量            :493g(バッテリーとメモリーカード含む)

外形寸法      :約122.0 x 69.0 x 75.1 mm (幅 x 高さ x 奥行)

背面液晶      :バリアングル式(3.0型、約103万ドット)

EVF            :約236万ドット(XGA OLED)

撮影可能枚数:ファインダー使用時で約550枚、背面モニター使用時で約570枚

SDカード     :SD (UHS-I/II対応)カード用スロット

シャッター方式:メカシャッター / 電子シャッター

HDMI端子      :micro HDMI

 

コメント

重量が493g(バッテリーとメモリーカード含む)と軽量でいい。

AF機能も向上しており、手振れ補正も5段と優秀。

 

キヤノンR7は、有効画素数3250万画素だが、重さが612g(バッテリーとメモリーカード含む)と重い。

X-S20は、オートモードで保存に2~3秒かかる場合があるなど使い勝手が悪い部分もある。

 

個人的には「軍艦型EVF」ではないので購入はしない。

しかし、「軍艦型EVF」にこだわりがないのであれば、購入してもいいカメラだと思う。