キヤノン「R6 mark2」(2022年12月15日発売) VS ソニー「α7Ⅳ」(2021年12月17日発売)

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)

キヤノンは、フルサイズ・ミラーレスカメラ「EOS R6 Mark II」を2022年12月15日に発売した。

EOS Rシリーズの“スタンダードモデル”として2020年8月に発売された「EOS R6」の後継モデル。

特徴

  • 有効画素数2,420万画素の35mmフルサイズCMOSセンサー搭載
  • 電子シャッターで最高約40コマ/秒
  • メカシャッター/電子先幕シャッターで最高約12コマ/秒
  • 5軸のボディ内手ブレ補正に対応し、対応レンズの協調制御で最高約8段分の補正効果
  • AF機能「EOS iTR AF X」は検出できる被写体数を増加
  • 画像処理エンジンDIGIC Xを搭載し、新シャープネス処理により、解像性能は一眼レフのEOS 5D Mark IV(約3,040万画素)を凌ぐ
  • 4K60Pをクロップなしで撮影
  • 重さ約670g(バッテリー、カード1を含む)

 

コメント

EOS R6 Mark IIの実売価格は35万円、ソニーα7Ⅳの実売価格は30万円と5万円の差がある。

4K60Pをクロップ無しで撮影する用途があるなら、EOS R6 Mark IIを選択すべきだと思う。

 

 

ライバル機はソニー「α7Ⅳ」か?

キヤノン「R6 mark2」のライバル機は、ソニー「α7Ⅳ」と思う。

ソニー「α7Ⅳ」は動画も写真も高次元で撮影できるバランスのいいカメラで、2021年12月発売以来、販売ランキングの1位~3位くらいでよく売れたカメラだ。

 

4K60Pクロップ問題

ソニー「α7Ⅳ」は、4K60Pでクロップされるのが、致命的な欠陥になりつつあるのかもしれない。

4K動画の需要は、現状ではそれほど多くはないが、今後3年~5年先には、半分以上は4K動画になる可能性がある。

したがって、仕事で使うとなれば、α7Ⅳは時代遅れになりつつあるのかもしれない。

また、高画素機α7RⅤ、4K60Pをクロップなしで撮影できるFX30(APS-C)などの選択肢がある中で、あえて中途半端なソニー「α7Ⅳ」を買う需要は少なくなるかもしれない。

 

画素数3300万画素問題

ソニー「α7Ⅳ」の有効画素数は3300万画素だが、画素数が多ければいいというわけではない。

画素数が3300万画素になったことで、1画素当たりの光量が減少し、暗所性能が悪化したという見方もある。

実際は、映像エンジンが新しくなったことで、前モデルのα7Ⅲよりも極端に暗所性能が悪化したということはない。

しかし、キヤノンEOS R6 Mark II(2,420万画素)と比較すると暗所性能は、R6 Mark IIの方がいいのではないか?

 

APS-Cクロップ問題

ソニー「α7Ⅳ」は、APS-Cレンズを利用できるが、焦点距離は1.5倍換算だが、有効画素数は1.5×1.5=2.25分の1になると思う。

結局、ソニー「α7Ⅳ」の3300万画素をAPS-Cクロップすると有効画素数は3,300万画素÷2.25=1,467万画素になると思う。

1,467万画素は動画ではなんとか使用できるが、写真としては、やや画素数が少ない。

2.25倍クロップを考慮すると、フルサイズで4,500万画素ないとAPS-Cクロップ後に2,000万画素を確保できない。

この点でも、ソニー「α7Ⅳ」の3,300万画素は中途半端なスペックと言えるかもしれない。