「フルサイズ VS APS-C」ではなく「裏面照射型 VS 表面照射型」

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)

「フルサイズ VS APS-C」のどちらがいいかという議論が続いている。

当ブログの結論では、SNS用に縮小するなら「フルサイズ VS APS-C」も画質は変わらない。

しかし、センサーサイズの違いだけではなく、「裏面照射型 VS 表面照射型」というセンサー形式の違いも関係あると思う。

 

比較機機種

  • ソニーα7Ⅳ(フルサイズ)裏面照射型
  • FUJI X-S10(APS-C)裏面照射型

 

当ブログ撮影「ソニーα7Ⅳ(フルサイズ)」と「FUJI X-S10(APS-C)」の比較画像

jpegの撮って出し画像を比較

(横幅700ピクセルまでリサイズ)

ソニーα7Ⅳ(30万円)+GM16-35mm(24万円)=54万円

 

X-S10(14万円)+XF10-24mm(12万円)=26万円

SNS用に横幅700ピクセルまで縮小すると、ソニーα7Ⅳ(フルサイズ)もフジX-S10(APS-C)も画質の違いはない。

 

この2機種は、裏面照射型センサーを搭載している。しかし、APS-Cカメラの多くは表面照射型センサーを搭載している。逆にフルサイズ機のほとんどは裏面照射型センサーを搭載している。

つまり、「フルサイズ VS APS-C」という論争はセンサーサイズの違いだけなく、「裏面照射型 VS 表面照射型」というセンサー形式の違いも含んだ比較だと思う。

実際、フルサイズでもニコンZ5など表面照射型カメラは暗所に弱かったりする。

正確に比較するなら「フルサイズ(裏面照射型) VS APS-C(裏面照射型)」で比較する必要がある。

 

APS-Cでも「裏面照射型」と「表面照射型」は違う

キヤノンのAPS-C超広角レンズ「RF-S10-18mm」が2023年12月に発売されたので、キヤノンEOS R10(表面照射型)と共に購入した。

裏面照射型のX-S20と比較すると、表面照射型のキヤノンEOS R10の画質は日陰など暗所に弱い。

その原因は、「裏面照射型」と「表面照射型」の違いだと思う。