「EOS R7」キャノン新型APS-Cミラーレス一眼 ハイエンドカメラを2022年6月23日発売(RFマウント)

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)

キャノンは、新型のAPS-Cミラーレス一眼カメラ「EOS R7」を2022年6月23日に発売する。

「EOS R7」は、RFマウントのAPS-Cサイズのハイエンドクラスのカメラとなる。

仕様

  • 3250万画素
  • メカニカルシャッター15コマ/秒
  • 電子シャッター30コマ/秒
  • AF被写体検出、人物、動物(犬・猫・鳥)、乗り物(モータースポーツにおける車・バイク)
  • 映像エンジン「DIGIC X」
  • 4K60fps(動画)クロップなし
  • 1080p120fps(動画)
  • C-log対応
  • ボディ内5軸手振補正を搭載
  • シャッタースピード1/8000
  • EVF236万画素
  • 背面液晶162万画素(バリアングル)
  • SDカードスロットは2枚
  • 対応バッテリーパック:LP-E6NH/LP-E6N/LP-E6
  • 大きさ 約132.0(幅)×90.4(高さ)×91.7(奥行)mm
  • 重さ612g(バッテリーとメモリーカードを含む)
  • 本体のみの重さ約530g
  • 197,780円(税込)ボディのみ:公式オンラインショップ
  • 246,180円(税込)EOS R7・RF-S18-150 IS STM レンズキット

 

レンズ(同時発売)

  • Canon RF-S 18-45mm F4.5-6.3(重さ130g)
  • Canon RF-S 18-150mm f/3.5-6.3(重さ310g)

 

コメント

2022年3月発売のマイクロフォーズカメラ「OM-1」がライバル機種になるのではないか?

「OM-1」は、大手カメラ量販店の月間売上1位となるなど、販売が好調だ。

フルサイズ機は高性能だが重いので、小型高性能な「マイクロフォーサーズカメラ」のニーズがあり、「OM-1」はその市場を開拓したと言える。

「EOS R7」も、フルサイズ機に匹敵する高性能「APS-C」カメラという位置づけになると思う。

実勢価格は18万円~20万円で、高性能なのに、フルサイズよりも割安。