カメラ系youtuber(登録者10万人~20万人)広告収入月額20万円?

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)

カメラ系youtuberが多くいるが、儲かっているのか?

チャンネル登録者10万人~20万人でも月間の再生回数は60万回程度なので、1再生3円として、月収は18万円程度と推定される。

月収18万円では、機材を買うと、生活費は10万円ちょっとなので、かなり生活は厳しい。

 

企業案件

広告収入だけでは、十分な生活はできない。

そこで、企業案件が絶対に必要になる。

一般的に企業案件の収入は登録者数1名×5円と言われる。例えば登録者10万人なら×5円=50万円となる。

しかし、カメラ市場は縮小しており、企業案件は少ない。

しかも、登録者10万人のカメラ系youtuberでも再生回数は1動画当たり数万回程度と少ない。

したがって、企業案件による収入は1件で50万円ももらえないと思う。

撮影1日、編集1日の実働日数2日の場合、安いと10万円くらい、平均して20万円~30万円と予想される。

 

月収合計

平均的なカメラ系youtuber(チャンネル登録者10万人~20万人)の広告収入18万円+案件2件(合計50万円)=68万円くらいと思う。

 

企業案件がもらえない場合

カメラ系youtuberでも、企業案件がもらえない者もいる。

そうすると、広告収入だけでは生活できないので、ライブ配信をしてスパチャをもらうことになる。

スパチャは1名当たり1000円として、20名なら2万円、50名なら5万円もらえる。

ライブ配信するカメラ系youtuberは、広告収入も少なく、企業案件もないのだと思う。

しかも、過激なことを言った方が、一部の視聴者に刺さって、スパチャを多くもらうことができる。

しかし、ますます一般の視聴者は離れ、企業案件もこないという悪循環に陥る。