パナソニック LUMIX G9の後継機「G9Ⅱ」を2023年10月27日発売

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)

LUMIX G9Ⅱ

パナソニックは、マイクロフォーサーズ規格の「LUMIX G9(2018年1月25日発売)」の後継機「LUMIX G9Ⅱ」を2023年10月27日に発売開始した。

 

販売

  • 販売開始:2023年10月27日
  • 公式サイトの予約:2023年9月15日10時から(バッテリープレゼント10月26日まで)

 

価格

  • ボディ単体:税込「230,670円
  • 標準ズームレンズキット(LEICA DG 12-60mm付き):「303,930円

 

キャシュバック

  • 期間:2023年10月27日~2024年1月28日
  • キャシュバック25,000円(LUMIX G9Ⅱ+12-60mm)
  • キャシュバック20,000円(LUMIX G9Ⅱのみ)

 

像面位相差AF搭載

新型「LUMIX G9Ⅱ」には、パナソニックのマイクロフォーサーズカメラとして初となる「像面位相差AF」を搭載する。

新型「LUMIX G9Ⅱ」のボディは、フルサイズ(LUMIX S5Ⅱ)とほとんど同じで、筐体は共通かもしれない。

ただし、フルサイズ(LUMIX S5Ⅱ)は、冷却ファンを搭載しているが、「LUMIX G9Ⅱ」は冷却ファンを搭載しない。

そのため、LUMIX S5Ⅱの重さは約740g(SDカード、バッテリー含む)だが、「LUMIX G9Ⅱ」は冷却ファンの分だけ軽く658gとなる。

これは前機種の「LUMIX G9 Pro」と同じ重さ。

フルサイズ(LUMIX S5Ⅱ)

当ブログのまとめ

「LUMIX G9」の後継機「LUMIX G9Ⅱ」には、GH6と同じ2521万画素のセンサーに像面位相差AFを搭載する。

ただし、同じマイクロフォーサーズ規格のOM-1は積層型センサーを搭載しているが、「LUMIX G9」の後継機は「積層型センサー」を搭載しない。

これは、パナソニックが「LUMIX G9」の後継機に積層型センサーを搭載すると価格は25万円くらいになって、フルサイズの「LUMIX S5 markⅡ」と競合してしまうからだと思う。

 

コメント

そもそも、「LUMIX G9」は高性能なので、後継機「LUMIX G9Ⅱ」は像面位相差AFの搭載以外は、大きな進歩は必要ないと思う。

そういう点で、今回の新製品は正常進化と言える。

 

スペック(当ブログまとめ)

名称    :LUMIX G9Ⅱ

型番    :DC-G9M2

有効画素数  :2,521万画素(像面位相差・測距点779点)

EVF     :368万画素(OLED・08倍)

シャッタースピード:メカニカルシャッター1/8000秒、電子シャッター1/32000秒

連続撮影  :60fps AFC(電子シャッター)/75fps AFS(電子シャッター)/10枚(メカシャッター)

ブラックアウトフリー(連続撮影3秒)

リアルタイムLUT

プリキャプチャー

手持ちハイレゾ:1億画素

防塵防滴

背面液晶   :184万画素(3インチ・バリアングル)

手振補正   :8段

カードスロット:SDカード(uhs-ii対応)×2

冷却ファン  :非搭載

撮影枚数     :390枚

重さ     :658g(バッテリーとSDカード込み)

価格            :実質21万円・海外では1,900ドル(円換算約28万円)

日本国内の販売価格は「EOS R7」「X-S20」「α6700」とほぼ同じ価格帯となる。

 

コメント

フルサイズの「LUMIX S5 markⅡ」と外観や操作感が似ている。

そのため、標準域の焦点距離はフルサイズ、望遠はマイクロフォーサーズという使い分けができるかもしれない。(ただし、レンズは共用できない)

 

個人的希望

個人的希望では、マイクロフォーサーズは、軽量コンパクトなカメラであって欲しい。

G99D後継機は、重さ500g・像面位相差AFを搭載して欲しい。

さらに、オリンパス機に搭載されている「深度合成機能」も搭載して欲しい。

 

マイクロフォーサーズの将来性

AI画像編集が進化しており、ノイズ除去など簡単にできるようになっている。

AI画像編集では、情報量が多いほど正確に編集できる。

フルサイズのように「ボケ」があると、AI編集では情報量が少なく正確に編集できない。

今後もAI編集が進歩するので、被写体深度が深く情報量が多い「マイクロフォーサーズ」が主流になる時代が来る可能性がある。

そういう意味で、新型「LUMIX G9Ⅱ」は注目のカメラだと思う。