ニコン新型APS-Cミラーレスカメラ「Nikon Z fc」2021年7月23日発売

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)

(28mm 単焦点レンズを装着)

ニコンの新型APS-Cミラーレス一眼カメラ「Nikon Z fc」が2021年7月23日に発売開始された。

但し「Z fc 28mm f/2.8 Special Edition キット」は予約が多く、2021年10月1日に発売された。

販売モデル

モデル 発売日 店頭価格(税込)
Nikon Z fc(ボディ) 2021年7月23日 12万円
Nikon Z fc(ボディ)+16-50mm ズームレンズ(135g) 2021年7月23日 13万円
Nikon Z fc(ボディ)+28mm 単焦点レンズ(160g) 2021年10月1日 14万円

2019年11月発売のAPS-Cミラーレス一眼カメラ「Nikon Z50」をベースにレトロカメラ「Nikon DF」のような外観で、Z50を上回る機能も付加し、高いデザイン性も兼ね備える。

カメラボディの一部に「マグネシウム合金」を採用し、Zシリーズ初のバリアングル液晶も採用するなど、質感と使い勝手が向上している。

また、Z50では非対応だった「動画撮影時の瞳AF・動物AF」や「USB給電(USB Type-C)」にも対応しており、Z50よりも若干高い価格帯となっている。

 

 

  • 28mm 単焦点レンズは、新製品で、レンズ単体としては2021年10月上旬に販売予定。
  • Z fcに装着すると焦点距離42mm(35mm判換算)となる。
Nikon Z fc 仕様
名称 Z fc Z50
フォーマット DXフォーマット(APS-C) DXフォーマット(APS-C)
有効画素数 2,088万画素 2,088万画素
ISO感度 ISO 100-51200 ISO 100-51200
高速連続撮影 約11コマ/秒 約11コマ/秒
動画撮影 フルHD1080/120P・4K UHD/30P フルHD1080/120P・4K UHD/30P
AF方式 位相差AF/コントラストAF 位相差AF/コントラストAF
EVF 約236万ドット 約236万ドット
背面モニタ 約104万ドット(バリアングル式) 約104万ドット(チルト式)
質量 445g(バッテリーとSDカードを含む) 450g(バッテリーとSDカードを含む)
サイズ 約134.5×93.5×43.5mm 約126.5×93.5×60mm
「ボディ内手振れ補正」と「センサークリーニング機能」は公式サイトにも記載されていないので、搭載されないと思われる。また、内蔵ストロボも搭載していない。

 

Nikon DFはフルサイズカメラだが、新発売の噂の「Nikon Z fc」はAPS-Cで、センサーサイズが一回り小さい。

NikonZ50は、小型軽量の高性能ミラーレス一眼カメラだが、デザインが無骨で一部のユーザーを取り込めていなかった。

そこで、レトロデザインを採用し、新しいユーザー層にアピールするものと考えられる。

基本性能はZ50とほぼ同じだが、一部機能を付加し、外観もデザイン性の高いものにした。

Z50にはグリップがあるが、Z fcの本体にはグリップがなく、その分ボディが43.5mmと薄くなっている。(別売のグリップは実売15,000円で約84g)

(16-50mm ズームレンズを装着)

 

別売のZ fc用グリップ

NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)

重さ160gの新開発のレンズがキットレンズに採用された。F値は2.8で比較的明るい。

ただ、ニコンDXフォーマットのZカメラ装着時には焦点距離42mm相当(35mm判換算)となる。

このレンズは単体では2021年10月上旬発売予定で、希望小売価格は税込4万2790円。

  • 最大径71.5mm × 全長43mm
  • フィルター径 52mm
  • 重さ     160g

 

価格について価格についてはレンズキット10万円と言われていたが、それよりも高くなる。

ボディ単体で12万円、ズームレンズキットで13万円、単焦点レンズキットで14万円となっている。

Z50に一部機能を付加し、高いデザイン性の新製品「Nikon-Z fc」の予約は好調になっている。

したがって、Z50の廉価版のZ30が発売されると噂されていたが、開発をかけてZ50よりもスペックダウンして安く販売する意味はないので、もしかしたら販売されないかもしれない。

 

 

 

Nikon DF