ソニー「FE PZ 16-35mm F4 G」超広角パワーズームレンズ・フルサイズ 2022年5月27日発売

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)

ソニー「FE PZ 16-35mm F4 G」

ソニーは、Eマウントレンズ「FE PZ 16-35mm F4 G」(SELP1635G)を2022年5月27日に発売した。

FE PZ 16-35mm F4 G

  • 焦点距離       16-35mm
  • F値           F4.0~F22
  • 最短撮影距離     0.28-0.24m
  • レンズ内手ブレ補正   非搭載
  • 最大径x長さ    80.5 × 88.1mm
  • 質量                    約353g
  • 電動ズーム         「ズームレバー」と「ズームリング」を搭載

 

「FE PZ 16-35mm F4 G」と「GM16-35mm」の実写比較

ソニーα7Ⅳ+「FE PZ 16-35mm F4 G」

 

ソニーα7Ⅳ+GM16-35mm

 

コメント

横幅700ピクセルまで縮小すると、「GM16-35mm」と「FE PZ 16-35mm F4 G」の画質の差は感じられない。

しかし、PCで等倍で比較すると、ソニーのEマウントレンズ「GM16-35mm」の方が圧倒的に解像度が高い。

「FE PZ 16-35mm F4 G」はそこまでの解像感はない。フルサイズならではの究極の画質を求めるなら「GM16-35mm」の方がいい。

「GM16-35mm」は、ソニーα7Ⅳに買い替えようかと思うほど素晴らしい。

しかし、「FE PZ 16-35mm F4 G」の画質であれば、APS-Cの「 ボディX-S10(レンズはFUJI XF10-24mm) 」で十分かなと思う。

 

電動ズーム

「FE PZ 16-35mm F4 G」は電動ズームで、「ズームレバー」と「ズームリング」で焦点距離を調整できる。

追従性がよく、手動の70%くらいまで仕上がっている。「ズームレバー」で大まかに合わせて、細かな調整は「ズームリング」でできるので、一般的な使用なら問題はない。

超広角レンズなので、鉄道などの「動き物」を撮影する目的では購入しないと思うが、やはり、電動ズームなので手動よりもズームは遅いし細かい調整もワンテンポ時間がかかり、「動き物」には不向き。

 

VLOG用か?

写真については、それほど解像感を感じない。やはり、VLOG用のレンズだと思うので、静止画がメインの用途なら、おすすめではないと思う。