ニコンZ8 2023年5月26日発売、実売54万円

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)

ニコンイメージングジャパンは2023年5月26日、新型フルサイズミラーレス一眼カメラ「Z8」を発売した。実勢価格は54万円。

「Z7 II」比で約10倍~12倍の処理速度となる。

引用 ニコンZ8

  • 有効画素数:約4571万画素(積層型CMOSセンサー)
  • 質量:910g(バッテリーとメモリーカードを含む)
  • バッテリー:EN-EL15(Z 7IIと同じ)
  • ファインダー(EVF):0.5型・369万ドット
  • 背面モニター:3.2型・約210万ドット
  • サイズ:約144×118.5×83mm
  • ISO感度:ISO 64-25600
  • シャッター:電子シャッターのみ
  • 高速連続撮影:約120コマ/秒
  • 高速連続撮影:約20コマ/秒
  • 被写体検出:人、動物、乗り物、飛行機
  • 動画撮影:8.3K60p
  • 動画撮影:8K UHD30p
  • 動画撮影:4K UHD120p
  • カードスロット:2(CFexpressカード×1・SDカード×1)

コメント

Z9の重さは約1.3kgなので、購入をためらう層が多かったと思う。

Z8は重さ910gに軽量化されたので、購入する人は多いと思う。

Z8の実売価格54万円は高価ではあるが、Z9と比較すると割安と感じる時がある。

メカシャーターであれば、10万回~40万回で限界がくるが、電子シャッター(メカシャッター無し)なので、もしかすると長持ちするかもしれない。

その分、中古の買取価格も高値を維持しているかもしれない。

 

 

以下は過去記事

生産台数

54万円という市販価格ならば、販売台数はある程度しぼってくると思う。

月産3,000台と予想される。

もし、全世界で月間販売台数3,000台ならば、数か月間は在庫がない状態になるのではないか?

ただし、家電量販店の店員さんのお話では「Z9の発売時よりも在庫を多くしている」らしい。

 

売上高予想

量販店への卸値を50万円とすると年間販売台数36,000台で年間売上高180億円と予想される。

Z8とZ9の性能差はなく、重量を軽量化するだけではあるが、年間180億円の売上が見込めるため、ニコンにとって発売する意味は十分にある。

 

プロ用のサブ機

Z9を使っている人は、ほとんどプロ写真家だと思う。

プロであればカメラ2台体制なので、Z9の2台体制、Z9とZ7Ⅱの2台体制になっていると思う。

そういったプロカメラマンなら、Z9のサブ機としてZ8を購入すると思うし、月3000台は簡単に販売できるし、需要もある。

(ただし、電池は違う)

だからこそ、Z9とほぼ同じ性能だと思う。

 

ニコンZ6Ⅲ

ニコンZ6Ⅱ(画素数2,450万画素)の後継機となる。

ニコンはセンサーを自社生産していないので、他社(おそらくソニー製)を使用すると予想される。

センサー自体が品薄のため、新開発のセンサーを搭載する可能性は低い。

実際、パナソニックのLUMIX S5Ⅱは、約2420万画素のセンサーを搭載して新発売するが、4K60Pでクロップされる。これは、センサーが新開発ではないためと思われる。

ニコンも、新しいセンサーではなく、ニコンZ6Ⅱと同じセンサー(またはパナソニックのLUMIX S5Ⅱと同じセンサー)を搭載する可能性がある。

また、Z9と同じように被写体検出できる高性能AFが搭載される可能性がある。

 

ニコンZ7Ⅲ

ニコンZ7Ⅱ(画素数4,575万画素)の後継機となり、Z9と同じような被写体検出できる高性能AFが搭載される可能性がある。

ZⅢ、Z8よりも遅れて発売されることから、まったく新しいコンセプトになる可能性がある。

もし、Z8がZ9を小型化した高画素モデルであるなら、Z7Ⅲは逆に体育館など暗所でのスポーツ撮影に有利な低画素モデルとなるのではないか?

結局、Z8とZ7は、どちらかが「高画素モデル」、一方が「低画素モデル」となると思う。

ただ、Z7Ⅱが高画素モデルでZ7Ⅲが低画素モデルというのはナンバリングの一貫性がないいので、別のネーミングになるかもしれない。

また、逆にZ8が低画素モデルであるなら、Z7Ⅲは従来通りの高画素モデルとなると思う。