超広角単焦点レンズ「LEICA DG SUMMILUX 9mm / F1.7 ASPH.」2022年6月23日発売 マイクロフォーサーズ・パナソニックH-X09

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)

パナソニックは、LUMIX初の超広角ハーフマクロ撮影を実現した大口径・超広角単焦点レンズ「LEICA DG SUMMILUX 9mm / F1.7 ASPH.」(H-X09)を2022年6月23日に発売する。

仕様

  • 焦点距離      9mm(35mm換算18mm)単焦点
  • マウント      マイクロフォーサーズ
  • F値       1.7
  • 最短撮影距離  95mm
  • フィルター径    55mm
  • 最大径×長さ     60.8mm×約52.0mm
  • 重さ        130g

 

MTF曲線を見ると、グラフが右下がりになっている。これは、中心から離れると画質が悪化することを意味する。

中心部の画像はいいと思うので、VLOGなど動画で使用するには最適かもしれない。

逆に、写真で周辺部まで高画質で解像させる目的なら、ちょっと向いていないかもしれない。

とは言っても、130gという軽さで、F1.7は凄いと思う。趣味的な写真やSNS用なら十分に使えると思う。

オリンパス 9-18mmよりは画質はいいのではないかと思う。