パナソニック LUMIX DC-GH5M2(マイクロフォーサーズ)動画強化機 2021年6月25日発売 スマホと連携し高画質ライブ配信

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)

パナソニックは、マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼カメラ「DC-GH5M2」を2021年6月25日に発売した。

従来機「DC-GH5」の後継モデルで、動画機能をさらに強化し、コントラストAFながら、フルサイズミラーレス一眼カメラ「S5」と同等にAFが速くなった。

実売20万円という価格はマイクロフォーサーズカメラとしては高く、フルサイズ機も購入できる価格帯だ。

しかし、4K動画を時間無制限で撮影できるなど動画機能を強化しており、本機に匹敵するフルサイズ機は「SONY α7SIII」(実売40万円)くらいしかない。

また、マイクロフォーサーズ用の画質のいいレンズは1本10万円程度で購入できるが、フルサイズ用の画質のいいレンズは20万円する。

カメラとレンズのシステムとして考えると、フルサイズ機よりも軽量コンパクトと言える。

また、「カメラとスマホだけで高画質のライブ配信」が可能で、youtubeなどのライブ配信も従来よりも格段に簡単にできるようになった。

 

AFは改善されたが、やはりソニー機には及ばない。したがって、シネマティック動画のようにAF速度を重視しない場合やMFで撮影する場合には、いいカメラだと思う。

 

ボディ本体+12-60mmのレンズ 税込約22万円

 

 

 

ボディ本体のみ 税込19万4000円

 

DC-GH5M2 仕様
  • マウント     マイクロフォーサーズ
  • カメラ有効画素数 2033万画素
  • 記録メディア   デュアルSDカードスロット
  • 動画撮影     C4K/60p/10bit記録/C4K30p 4:2:2 10bit内部記録
  • 動画撮影時間         無制限(収録・ライブ配信)
  • AF                      リアルタイム認識AF
  • EVF       約368万ドット・0.76倍のOLED
  • 静止画      12コマ/秒の高速連写
  • 防塵       センサーシフト方式
  • 手ブレ補正    B.I.S.:6.5段
  • 質量       約727g(本体、バッテリー、SDメモリーカード1枚含む)

 

価格
  • ボディ本体のみ 税込19万4000円
  • ボディ本体+12-60mmのレンズ 税込約22万円

 

従来機よりセンサーと映像エンジンが向上し、AFもS5とほぼ同じ程度に速くなった。